無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

story-52
  
次の日




taehyung
taehyung
おはよう。
tzuyu
tzuyu
お、おはよう!!
tzuyu
tzuyu
キムくんとチョンくん。
jungkook
jungkook
はよ。アイツは?
tzuyu
tzuyu
アイツ…?
jungkook
jungkook
ツウィちゃんの隣にいつもいる奴。
tzuyu
tzuyu
それが、、
tzuyu
tzuyu
サナ怒っちゃて…
tzuyu
tzuyu
家に向かいに行っても出てきてくれないの。
jungkook
jungkook
なんで?




サナの話にすごい食い気味なチョンくん。




どうしてだろう…?




tzuyu
tzuyu
それも分かんなくて、
tzuyu
tzuyu
だから今からサナの家に行こうと思っte…
jungkook
jungkook
おれが行く。






そう言って走って行ってしまった。








私が追いかけようとしたらキムくんに止められた。






taehyung
taehyung
今は2人にさせた方がいい。
tzuyu
tzuyu
でも…
taehyung
taehyung
いいから。






私はキムくんの言葉を信じてサナをチョンくんに頼む事にした。