無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

story-44
私はその場に居たくなくて黙って教室を出た。








tzuyu
tzuyu
キムくん絶対怒ってるよね…
tzuyu
tzuyu
キムくんが他の女の子にキスするだけで嫉妬するなんて、、



付き合ってもないのにそう思えるのはきっとキムくんが「好き」だから。
tzuyu
tzuyu
今から謝りに行こう!!



そうも思って歩き出そうとしたら誰かに当たってしまった。




男性
男性
お前おれにぶつかったよね?
tzuyu
tzuyu
す、すみません
男性
男性
謝るだけじゃ済まないよ?



そう言って近づいて来る男性。


そして私の顔を見た。
男性
男性
結構いい顔してんじゃんㅋㅋ
男性
男性
ちょっと付き合って貰える?


そう言って私の腕を掴んでくる男性
tzuyu
tzuyu
辞めて下さい!!


私が精一杯力を振り絞って手を払おうとしても全然効果はなく逆に男性の力が増すだけ。




私はこの時来てくれないと分かってるのに勝手に口が動いていた。
tzuyu
tzuyu
キムくん助けて!!