無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

story-6
tzuyu
tzuyu
何でしょうか?
taehyung
taehyung
おれと付き合って?
tzuyu
tzuyu
えっ?
初めて会った男の子に告白された。
tzuyu
tzuyu
ご、ごめんなさい。
tzuyu
tzuyu
まだあなたのこと全然知らないし、
tzuyu
tzuyu
会ったばかりなので…
taehyung
taehyung
そんなん今からおれのこと知っていけばいい話。
tzuyu
tzuyu
そ、そういう意味で言ったんじゃないですか…




私が戸惑っていたら、勢いよくサナが降りてきて…
sana
sana
ストーップ!!!
sana
sana
助けてくれてありがとうございます😊
sana
sana
もう学校遅れるちゃうので行きますね。
サナが真顔に近い笑顔で助けてくれた。











jungkook
jungkook
お前バカじゃないの
jungkook
jungkook
初めて会った人に告白なんかしないだろㅋㅋ
taehyung
taehyung
なんか感じた。
jungkook
jungkook
ハッ?
taehyung
taehyung
さっき抱きしめたとき心地よかった。
jungkook
jungkook
それだけで告白…
jungkook
jungkook
呆れた。






キムテヒョン氏チョンジョングクに呆れられました。