無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5.
14
2021/03/15 05:06
あっという間に、放課後になった。
小桃にお願いして、成海を庭に呼び出してもらった。
神々 櫻子
じゃあ、彼が下校する前に話してくるわ。
水無瀬 小桃
いってらっしゃい♡応援してるわ。
神々 櫻子
うん。









本当はすごい緊張してる…。
でも、結婚を回避する方法はこれしかない。


行こう…。




庭到着______
神々 櫻子
成海 蓮
呼び出したの、神々か。なんのよう?
神々 櫻子
成海蓮…
成海 蓮
なに?
神々 櫻子
私の、偽彼になりなさいっ!










いってしまった。













成海 蓮
は?







そうなるわよね?!


でもこっちだって一歩も譲る気はないの。
神々 櫻子
成海は神々財閥は知ってるわよね?私そこの財閥の娘なの。16歳になったから、父に結婚させられそうなの。だから、偽の彼氏をつくって結婚をやめたいの。
成海 蓮
は?なんなの?
成海 蓮
ガッ
神々 櫻子
ッ‼︎
成海が私の胸ぐらを掴んだ。
成海 蓮
いいご身分だな。自分の都合に人を突き合わせるなよ!!大体、俺はお前が結婚しようがしまいが関係ない!!
神々 櫻子
…。
成海 蓮
俺は無理だ!!違う人にしろ!!
神々 櫻子
…っ!!
そう言うと、成海は去っていた。
水無瀬 小桃
神々さん…。
神々 櫻子
ん?
帰り際、小桃が申し訳なさそうに話しかけてきた。
水無瀬 小桃
ごめんなさい…。成海君のこと…。
神々 櫻子
なんで?小桃が謝る必要ないわ…
神々 櫻子
私も諦めないから…
そう。私は諦めない。
水無瀬 小桃
神々さん…。
神々 櫻子
私の人生だから、私の思い通りにやらなくちゃ意味ないでしょ?後悔、したくないの。
水無瀬 小桃
うん。
神々 櫻子
はぁっーーー。次の策にでるわ!!
水無瀬 小桃
流石神々さん!!!
神々 櫻子
小桃も手を貸して。
水無瀬 小桃
もちろんよ。






一度断られたって何も問題ない。
そんなのは想定内よ。
自分の道を歩むって約束したんだから。
あの人と____