プリ小説

第6話

シスコン…!?
宮田さんは今日もキスマイのお仕事で
仕事場まで向かったのだった。
宮田
宮田
おっはよー
千賀
千賀
おはよー
北山
北山
…って、え?笑
藤ヶ谷
藤ヶ谷
あなたちゃん!笑
あなた

…おはようございます(笑)

宮田は何故か妹まで連れてきたのである。笑
二階堂
二階堂
なんでここにいんの?笑
あなた

それは、みやっちに聞いてください笑

宮田
宮田
だってさ?
こんな可愛い妹が何かあったら
どうしようって考えると心配で心配で…
玉森
玉森
それで連れてきちゃったの?笑
横尾
横尾
あなたちゃん、社会人だよね?
今日お仕事は?
あなた

あ…休みました
というより辞めさせられました?笑

千賀
千賀
え?どういうこと!?笑
……


それは


数時間前のこと。


……
あなた

仕事行かなきゃ…

宮田
宮田
職場に男の子はいる?
あなた

や、もちろんいるよ?笑

宮田
宮田
あー…絶対あなたちゃんのこと狙ってるやつじゃん。
あなた

いやぁ、それはないと思うけどなぁ笑

宮田
宮田
俺がいないところで何かあったら心配だよ。
あなた

大丈夫だってば(笑)

宮田
宮田
いや、俺が大丈夫じゃない!!笑
なんて言い合いをした後、


職場に電話し始めたみやっちが…
宮田
宮田
もしもし、あなたの兄なんですが。
もう次の仕事決まったので今日付で
辞めさせてください。
申し訳ございません。はい。
よろしくお願いします。
あなた

…えっ!?笑

宮田
宮田
これでよし!笑
あなた

いやいやいや!笑
ちょっと!笑
勝手に……(笑)

呆れてものも言えません。(笑)
藤ヶ谷
藤ヶ谷
うわぁ…それは大変だったね。
北山
北山
大変どころじゃないよね?笑
横尾
横尾
まぁ、心配する気持ちも分かるけどさ…
勝手すぎない?
宮田
宮田
…だってなんか心配すぎて。
二階堂
二階堂
どーすんのさ。あなたちゃん。
あなた

まぁ、お兄ちゃんの稼ぎで…(笑)

千賀
千賀
完璧シスコンじゃん。笑
横尾
横尾
ごめんね。あなたちゃん。
あなた

いやいや。笑
大丈夫ですよ。気にしないでください。

北山
北山
大人だなぁ…(笑)
宮田
宮田
てな訳で、毎日仕事場に連れてくるから!←
あなた

…苦笑

藤ヶ谷
藤ヶ谷
まぁ、俺らは構わないけどさ。
玉森
玉森
でもなんか、可哀想だよね…
千賀
千賀
うんうん。
あなた

や、私 毎日キスマイに会えるなんて
こんな贅沢ないので十分ですから!笑
退職金に匹敵しますので!(笑)

二階堂
二階堂
(笑)
北山
北山
そんな好きなの?(笑)
あなた

はい!笑
なんかすいません。笑

横尾
横尾
いやいや、嬉しいことだよ。
ありがとう。
あなた

横尾さんほんと冷静。笑

宮田
宮田
ま!そーゆーことでよろしく!(笑)
玉森
玉森
反省してなさすぎだろ。笑
藤ヶ谷
藤ヶ谷
あなたちゃんじゃなかったら
どうなってたことか。(笑)




ということで私は


キスマイと一緒に


いられることになったらしい。←



続く


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

来夢
来夢
気象 俺脚 セクゾ 勝運 etc.. 小説は駄文ですが読んでください! コメントいいね募集中。