プリ小説

第8話

やりがい
それから1週間。


なんとかなんとかマネージャーを
やってきた。


玉森
玉森
あなたちゃーん。
明日って何時からだっけ?
あなた

えっと、明日は新曲の振付と練習で
10時にいつものスタジオ集合です!

千賀
千賀
明日かー!今回ダンス曲だからなぁ。
宮田
宮田
頑張って覚えなきゃ…
あなた

明日お迎え必要な方います?

二階堂
二階堂
はーい!!(笑)
北山
北山
俺もー!
藤ヶ谷
藤ヶ谷
ちゃんと自分で行けよ…笑
と言いながら俺もお願いします←
玉森
玉森
俺もぉ。
千賀
千賀
もちろん俺も!
横尾
横尾
…お願いします。←
あなた

かしこまりましたー(笑)

明日も早起きしなくては。
キスマイのため!
私は頑張らなくちゃ!



今日もおにぃと一緒に帰宅。


宮田
宮田
どう?慣れてきた?
あなた

私なんかで大丈夫かなぁ?

宮田
宮田
むしろあなたで良かったと思うよ。
みんなも喜んでるしね。
あなた

だったらいいけどさ…

宮田
宮田
まぁ、あとはメンバーが
あなたのこと狙わないか心配。
あなた

いやいや!絶対ないって笑

宮田
宮田
わかんないよー?
あなた

ありえません。(笑)



と心配性のお兄ちゃんなのでした。



続く

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

来夢
来夢
気象 俺脚 セクゾ 勝運 etc.. 小説は駄文ですが読んでください! コメントいいね募集中。