第30話

標準語 拓哉

あなたは元々、関西出身じゃないから






うまく関西弁で話せなくって、






でもやっぱみんな関西弁だし







いいなあって毎日思っててそれでね!







拓哉に関西弁で好きっていったら








どーなるかなあって、笑笑








You
たーぁく
拓哉
んー?どーしたん?
You
なーにしてたの?
拓哉
今なあ、このゲームしててんけど
上手くできへんねん笑
拓哉
ふーはむっちゃうまかってん
やからええなあって笑笑
You
なーあーなーあ!
拓哉
どしたん?
拓哉
甘えたさんやなあ笑
You
すきやで!
拓哉
え、笑
You
や、やから、好きやで、?
拓哉
えぇ。
拓哉
だれに教えてもらったんそんなん
You
だって、たくが夜よく言うじゃん
拓哉
あーヤってるときな?
You
もーちょっとオブラートに笑
You
どぉ?キュンってなった?
拓哉
んーならへん。
拓哉
大好きがよかったなあ
You
んじゃあ!大好きやで!
拓哉
かわええなあ笑
You
かっこええなあ、?笑
拓哉
無理してその喋りしてる感が
たまらへん笑笑
You
ほな!ぎゅーしよーや!(?)
拓哉
んっもぉおお笑
拓哉
かぁぁあええなぁぁあ!!