第6話

嫉妬 るーく


今日あなたちゃんは合コンに行くらしい。







人数合わせって、、







優しいのか、天然なのか、わからへんなあ、、








るーく
ほんまに行くん?
You
だって、行くゆーてもうたもん
るーく
えー、




ソファに座りながら







あなたちゃんをみつめる








You
そんな可愛いことされても
行かなあかんの!ね!





頭をわしゃわしゃとされ、








完全なる子供扱い。








なんならペットと変わらへん。








んー、、もお、
るーく
なあなあ?
You
んー?



ピアスをつけながら振り返るあなたちゃんを








ぎゅっと抱きしめた。








You
もー、笑笑
You
かわええなあ。
るーく
嫌や、可愛いは嫌や。
るーく
前もゆーたで?
You
そーやったっけ?
るーく
覚えてないん、、??




少し力を強める。








あなたちゃんはピアスをつけ終え








俺の方に振り返る。








You
安心しぃ?
るーく
無理やあ、
You
今日、合コンやん?
るーく
うん、
You
みんな、40代らしいで爆笑




ケラケラ笑いだす。







へ?あなたちゃん、なんて??








You
おじさんらしいで笑
るーく
へ?
You
友達がなあ?
You
おじさんが好きらしいねん笑笑
最近知ったんやけどびっくりしたわあ
You
やから、確実にありえへん笑笑
るーく
…んー!!!!
るーく
もっと嫌や!!
なにされるかわからへんやろ!!
You
いやわかるやろ!笑




お酒注いで終わりやろと







またケラケラ笑い出し







玄関までスタスタと歩き出す。








You
せやから、7時前には帰ってくるな!
るーく
ほんま、なんもされへんよな?
You
へーきやって笑笑
You
んじゃ行くで!



ほっぺをツンツンとしながら








余裕なあなたちゃんに引き換え








嫉妬でおかしくなりそうな








るーくでした。





















やば。ネタないわ。