無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
333
2019/10/01

第7話

中島敦と江戸川乱歩
ーある日の探偵社ー
江戸川乱歩
ねぇ、敦
中島敦
はい!なんでしょう乱歩さん
江戸川乱歩
僕、警察に呼ばれて事件現場に行かなきゃならないんだけど着いてきてくれない?
中島敦
分かりました!大丈夫です
江戸川乱歩
じゃ早速だけどもう行くよ
中島敦
わ、分かりました!今行きます!
ー電車内ー
江戸川乱歩
ねぇ、敦
中島敦
どうかしましたか?
江戸川乱歩
敦は太宰のことをどう思ってる?
中島敦
太宰、さん…ですか?
江戸川乱歩
そう、ほら、太宰って何も読めないとこあるじゃない?
中島敦
そうですね…
江戸川乱歩
だからさ、敦の意見もきいておこうとおもって
中島敦
そうなんですね…
中島敦
うーん、そういえば太宰さんは偶に何処かを見つめている時がありますよね…
江戸川乱歩
あぁ、其れは僕分かるよ
中島敦
そうなんですか!?
江戸川乱歩
でも、多分之は僕が言っちゃ駄目なことだと思うから気になるんだったら太宰本人に聞けばいいと思うよ
中島敦
そうですか…
また、いつか聞いてみますね!
江戸川乱歩
そうするといい
中島敦
あ、乱歩さん!もうそろそろ目的地に着きそうですよ!
江戸川乱歩
ほんとだ
じゃあ、さっさと片付けてしまおう
中島敦
そうですね!















ー作者からー
作者
本当に遅くなってしまい申し訳ありません!
作者
これからはもう少し浮上出来るよう精進しますのでよろしくお願いします!
作者
それと、今回は少し変な内容になってしまいました…
作者
気分悪くされたらすみません…