無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
19
2020/10/19

第2話

1話
10月。 最近寒くなってきて布団に籠りたいと言うのに
目覚まし時計が鳴っている。









あなた (そろそろ起きないとな……。)






ベットから外を見るとイチョウの葉が舞っている。


冬支度を始めるのだ。



少し落ちてしまうのを残念に思う……が綺麗だなとも思ってしまう。













起き上がり支度を始める。
今日は記念すべき学校初日なのだ。
本当は4月から行っていたはずだったけど_。





あなた「入学式さえも、行けなかったな……」



などと考えながら髪の毛を整える。
鏡に映った自分は何処か寂しげに見えた。

































‪( 'ヮ')‬<最後まで見て下さりありがとうございます!
次回はいつか投稿します……!((()))