無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

出会い。
※人物や学校名は架空のものです。


これは中学校の頃のお話です。
キーンコーンカーンコーン
キーンコーンカーンコーン
みらい
入学式終わったぁ。

クラス、どんな人がいるのかなぁ…
先生
はい、みなさん席について下さい。

今みなさんの前にあるのが資料と校章です。

学校の校訓は大切にしていきましょう。

そして、同じクラスになった仲間、新しく加わった仲間とも絆を深めていましょう。


「わかりました。」
先生
それでは、自己紹介は学校が始まってから。

今日はもう帰っても大丈夫です。

校内を見たい方は見ていただくことも可能です。
私は、小学校からエスカレーターで上がってきました。
なのでほとんどの人の顔をしってて
不安とかそういうのはまったくなかったです。

中学からはいってきた外部生と仲良く出来るかだけが少し不安でした。
友達
よろしくね。名前なんて言うの?
みらい
みらいだよ~
友達
ええ!可愛い名前!
みらい
そんなことないよ~
ええ、名前、なんて言うの?
友達
りなだよ
みらい
りなちゃんこそかわいいよ!よろしくね!
友達
うん!よろしく
めぐ
よろしくお願いします、めぐです。
同じ班なので仲良くしましょうね
みらい
あ!よろしくお願いします!みらいです。そうですね!仲良くしましょう!
こんな感じで1日目終了です。
どうにか仲良くなれそうです。