無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

414
2021/06/08

第3話

🐶♡
次の日からは一緒にお弁当を食べるようになった。
莉犬
あなたっ!
あなた
わっ!莉犬くん!
莉犬
お弁当たーべよっ!
あなた
うん..!
屋上は2人だけの秘密基地。
先生から好かれてる莉犬くんの特権でもある🗝
莉犬
ねぇあなたの名前…
今まで誰と一緒に食べてたの?
あなた
え...なんで...?
莉犬
いや、誘っても断らなかったし...
お友達とかは?
あなた
...仲良いお友達が居るんだけどね、
今その子入院中なの。
莉犬
あ...そっか...
あなた
あっ!でもね!
再来週には退院するんだって!
あなた
だからまた会えるんだ〜っ!♡
莉犬
...可愛い笑
良かったね笑笑
あなた
かっ...かわ!?//
莉犬
うん。可愛い
あなた
〜!///
あなた
そ、そーだ!//
お友達がまた学校来れるようになったら莉犬くんの事紹介するねっ!//
莉犬
「私の彼氏〜♡」って?
あなた
そ、そんなデレデレじゃないもんっ!
あなた
それに私......
まだ莉犬くんの事好きだなんて1度も...
莉犬
…うん、分かってるよ
莉犬
付き合ったのも俺が強制的にだったし笑
あなた
......
あなた
ごめんなさい...
莉犬
謝んないでっ!笑
莉犬
大丈夫。好きにさせてみせるからさ
優しく力強い瞳にドキッとしたのは秘密。
あなた
(既に惚れかけてますけど...//)
あなた
...期待していい?
莉犬
っ//
莉犬
...当たり前じゃん(ニコッ)
あなた
///
この時は気づいていなかった。
「高嶺の花」と付き合うことが、
どれだけ多くの人の反感を買うことになるのか...