無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
7
2021/02/27

第4話

呼吸
酸素を吸って二酸化炭素を吐く

こんなの赤ちゃんでもできること

でも、俺には難しい

息を吸うことが吐くことが

辛くて苦しくて痛い

呼吸をする度に痛い

痛くて痛くてたまらない。

呼吸の代償だなんて笑わせる。

当たり前の行為すぎて忘れられてしまった

呼吸をすることがこんなにも苦しいなんて昔の俺は知らなかった。

知りたくなんてなかった

でももう遅いんだ

知ってしまったから

体験してしまったから

痛くなってしまったから

呼吸をしてこの世界に存在する

もうとっくにココロは死んでいるのに

呼吸をする。

体は生きたいと言っているのかな

心は死んでいるのにね

俺は呼吸をし続けている

呼吸をすればするほど

黒に染まっていく。

無垢な頃を忘れて

呼吸をする

ただ、呼吸をし続ける

なんの価値もない呼吸を

呼吸は







どんな行為よりも簡単で重くて








痛い