プリ小説

第3話

第1 round
スピーカー(アキラ)
これからゲームを開始します。
チーム全体で協力してクリアするんだな…
まずは、チームの中で2人づつのペアを指定する。
そちらにもうすぐ紙が落ちてくるはずだ…
その紙に従い、チームを組み、ゲームを始めろ…
ルールも全て、その紙に書いてある…
では皆さんがクリアする事を祈っています。
しばらくすると、紙が落ちてきた。
その紙には、こう書かれていた。
『第1 roundは宝探しだ…
ルールは単純。今から言う6つの物を1グループ
1つずつ持ってくれば良いだけだ。
1.トランプのハートのエース
2.ビデオカメラ
3.魔女の涙
4.赤い靴
5.トカゲの尻尾
6.ダイアモンドの指輪
だ。
それぞれ、1の部屋、2の部屋、3の部屋、4の部屋、5の部屋、6の部屋に1つずつ隠してある。
物は1つだが、探しているのは5グループある。
探せなかった者は…分かっているな?



チームは…
Akira.』
あなた

え、チーム泰斗君と一緒だ…

あなた

ひなは誰と一緒だろう…
赤城玲君…16歳か…
大丈夫かなひな…ひなは人見知りだからなぁ…

泰斗
同じチーム宜しくあなたちゃん。
あなた

宜しくお願いします。泰斗君。

泰斗
堅くね??
敬語やめて呼び捨てにしよーぜ?
泰斗
俺もあなたって呼ぶからさ、
泰斗
嫌だったら別にいいけど…
あなた

ううん、嫌、とかはないよ
ただちょっと恥ずかしくて…クラスの男子でも呼び捨てしないで君付けなんだよね。

泰斗
そっかぁ。じゃあ無理しなくてもいいぞ?

俺は呼び捨てするけど。これから宜しく!あなた。
あなた

いや、泰斗君なら…いい。

(ちなみに男子に名前で呼び捨てされるのも初めて…(,,꒪꒫꒪,,))

泰斗
ほら、名前で呼べよ、じゃあ、。
俺ならいいんだろ?
照れてんの?あなたちゃん笑
あなた

て、照れてないし!
うるさい…た、泰斗…( ˶˙ヘ˙˵ )

泰斗
良くできました。笑
あなた

(あ、笑った顔、可愛い…)

ひな
あれ、あなたちゃん泰斗君とペアなんだぁ!
あなた

うん。

あなた

ひなは?
玲君だっけ?話せた??

ひな
うん….笑
まあまあかな(๑•﹏•)
おい、ひな。ちょろちょろすんな。
あ、どーもこんにちは。ひなの友達?( ˊᵕˋ )
あなた

はい…。チームリーダーのあなたです。

あ~、この子だったんだ。
じゃあ俺らもう行くね( ˊᵕˋ )
おい、ひな。行くぞ
ひな
待って玲君!
あなた

(ひな…大丈夫かな…)

泰斗
俺らも行くかぁー!
あなた

うん…!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りみ
りみ
低迷中。 全然書けない、 どうやって書いてたんだっけ? ってことで低浮上&亀更新ごめんなさい ってか見る専になろうかな