第37話

※じゃあ、おやすみ
28,814
2019/03/04 02:09
風磨)四つん這いなって

風磨に指示され、ここまできたら抵抗なんか無意味だ

私が四つん這いになると、風磨は「えらい、えらい」なんて言いながら私の首に首輪をつける

風磨)どう?興奮するっしょ?

たしかに、いつもと違う感覚にちょっと変な気持ちになる

でも、そんなこと言ってやんない

あなた)わかんないっ…
風磨)乳首立ってるんだから興奮してるでしょ笑

なんて私の乳首を抓る

あなた)ふあっ!

チリン

となる鈴

風磨)ほら、今鳴ったでしょ?
あなた)うん…
風磨)こうなったらカウントってこと

大丈夫かな…、やばそうだけど…

風磨)まぁ、はじめよっか
あなた)まっt…
風磨)スターート

そう言われるとなにも言い返せなくなる

声も出したらダメだからなんもできないし

あなた)ふっ…

風磨が私の秘部に手を入れる

あなた)っ…、ふっ…
風磨)すっごい、もう手震えてる笑

こんなの四つん這いになってられない

風磨)聞こえる?あなたのえっちい音

なんて言ってわざと音がでるようにぐちょぐちょと秘部を掻き回す風磨

音と差恥心で頭がおかしくなりそうになる

風磨)ここ、ここっしょ?

そう言って私のいいところをピンポイントせめる風磨

そこ、やばいって…

風磨)んー、きもちーね

私は風磨の方をみてダメというように目を見つめるけど、効果なくて

風磨)もう、イッちゃいそうじゃん笑
あなた)んっ…、っ…

あー、ダメだイッちゃう

風磨)イケよ

そう風磨に呟かれ、さっきより激しく掻き回されて呆気なくビクビクと達してイッた私

鈴がチリンチリンとなる

風磨)あらら、鈴なっちゃったね

なんて言いながら達している途中にまた指を激しく動かす風磨

風磨)あー、すっごい笑

こんなの、我慢出来るわけなくて…

風磨)イってる最中の敏感なところきもちーね?笑

なんて言われて、頭の中が真っ白になる

あなた)んっああああ!

声も我慢できずに手から崩れ落ちてお尻だけつけあげている状態になる

風磨)ねー、どーしよっか?声も出ちゃったし鈴もなっちゃったし?10回以上は確実になってたね笑
あなた)ふま、ごめんなさっ…
風磨)謝ってって言ってる訳じゃなくて、30回はイッてもらわないと笑
あなた)やだ、それはっ…
風磨)だからさ、いいこと思いついた

なんて言いながら私の目隠しをとる

そしてベットの横にあった引き出しから取り出したものは大きな玩具

風磨)これ使おっか

風磨が持っているのは所詮バイブというやつだ

あなた)まって、やっ…

そんな私の声を無視して四つん這いにさせていた体をM字開脚にさせる風磨

風磨)ほら、すぐ入っちゃった笑

なんて言いながら入り口から奥に一気に突き上げる動作を繰り返す

あなた)んあっ! っ…あっ!
風磨)これだけじゃ物足りないね?

そう言って抜き差ししていたバイブのスイッチを入れて放置する風磨

強さは1番大きくて、我慢できない…

あなた)あっ…! …んっふっ!

私が喘いでいる間に戸棚からなにかを取りに行った風磨

風磨)おっぱい寂しそうだから気持ちしてあげよっか

風磨が持っていたものは吸盤のようなもので…

あなた)ね、ふ、まあっ!そ、やあっ!
風磨)だぁいじょうぶ、きもちくなれるから

なんて言って私の乳首にソレを取り付けてスイッチを入れる

風磨)あ、あとココも寂しーか

そう言って私の下の突起をツンツンとしながら皮を剥がす

風磨)すっごい、プックリしちゃってかぁいい

なんて馬鹿にしたような口調で言いながら

風磨)これね、クリトリスも刺激できるようになってんの、

すごいっしょ? なんて言いながら私の秘部でうねうねと動くバイブに着いていたクリトリスを刺激する機会を取り付ける風磨

風磨)ん、これいいね、全部気持ちよくなれるじゃん
あなた)やあっ!あっ、んっ!!
風磨)じゃあ俺、疲れたから寝てくるわ
あなた)え、ね、まって、う、そぉ、でしょお、ふぅまぁ、や、!
風磨)おやすみ、あなた

チュッとフレンチキスをして寝室を出ていく風磨







































ほんとに30回イカされるなんて…

プリ小説オーディオドラマ