無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
338
2021/09/11

第56話




.





それから数日 、今日は休日だったので溜まっていた洗濯物を洗濯して 、ベランダに干した 。




















(なまえ)
あなた
 さむ … 









氷点下になってタオルが凍らないことを
祈りつつ 、暖かい部屋に戻る 。


本当はあまり外には出たくないけど 、
新しいアウターも買わないといけないので
仕方なく出かける準備をした 。


1人で出かけるけど 、たまには
大ぶりのイヤリングでもして髪も巻こうかな 。



なんて考えながら準備していたら
かなり時間が掛かってしまった 。








鼻歌を歌いながらブーツを履いて外に出る 。


鍵をしようと鞄を開けると 、スマホが鳴った 。











そひょかな ? と思い画面を見るとすにょんくんからだ 。



























🐯
🐯
📱 今日休み ? 


























電話を出て早々に彼からの質問が来た 。



































(なまえ)
あなた
 おはよう 、
 休みだけど … ? 
🐯
🐯
 なんか予定ある ? 
(なまえ)
あなた
 ひとりで買い物する 
 予定だったよ … ? 










    一体何だろう 、と戸惑っていると 、

























🐯
🐯
 そっか 。それなら 
 2人で買い物しよ



















という彼の返答 。




まさか 、と思いアパートの外を見ると 、
見覚えのない車が駐車場に1台止まっている 。






私は急いで家の鍵をかけて階段を降りた 。










運転席の窓ガラスが下りて 、
見覚えのある顔が見えた 。



























 





































🐶
🐶
 ひょん 、それ扉
 ロックしてるから !! 
🐶
🐶
 あ … 始めまして 


























うわ 、本物は想像の何千倍も
かっこよくて息を飲む 。


正真正銘のみんぎゅくんだ 。













































🐯
🐯
 え ? 嘘 ? あ 、これ ? 
🐶
🐶
 違うそれじゃない !! 
 ここ押して !!















すにょんくんの声だけが聞こえてくる 。


何だろう 、この謎の時間は 。





































🐶
🐶
 ひょん !! 彼女さん
 待たせちゃだめでしょ !! 
🐯
🐯
 わかってるって !! 




















そう聞こえると同時に 、
ようやく車の扉が開いた 。



久しぶりのすにょんくんは 、
髪色もまた変わっていて 、
チェック柄のロングコートを着こなしていた 。




車をおりて 、私と目が合った途端
嬉しそうに表情が溶けていく彼 。































(なまえ)
あなた
 … 久しぶり 
🐯
🐯
 久しぶり 










何だか 、嬉しすぎてどう
反応すればいいのかわからない 。





それは 、全く彼も同じみたいで
なぜか服の袖を触っている 。




























🐶
🐶
 ぬな !! 始めまして !!
 僕きむみんぎゅです !! 












運転席からそんなに爽やかに自己紹介をするイケメンが他にいるだろうか 。

いや 、絶対いない 。絶対 。
































(なまえ)
あなた
 初めまして 、… 
 かんあなたです 














そう答えると 、服の袖を触っていた
すにょんくんが慌てて取り乱した 。































🐯
🐯
 あ 、ちょっと !!
 何ぬなって呼んでんだよ !! 
🐶
🐶
 … え 、だって
 ひょんと同い年なら 
🐶
🐶
 俺にとっては
 ぬなじゃないですか 











と 、キョトンとしてるみんぎゅくん 。



… どこまで私のことを知っているんだろう 。











































🐯
🐯
 そこじゃない !! 




.







… 🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️