無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,466
2020/09/09

第106話

💓
あなた『…ここら辺?』

女子『もうちょっと向こうかも』


ここは山の方だから見つかりにくいのかな?




































あなた『…でも流石に行き過ぎだよね…』


女子『ん?なんか言いました?』

あなた『いや!別に!早く探そっか!』



そう言って私は山の奥の方へと進んで行った。





















































あなた『…ないなぁ』


女子『…ほんとですね…』



女の子の方は少し涙目で焦っているようだった。














































あなた『…寒い?』

女子『…ちょっと寒いかも…』



夏でもやっぱ夜は冷える。

私は着ていた体操服の長袖を脱ぎ、女の子に着せた。



























女子『でも!あなたさん半袖っ!』

あなた『大丈夫!』



そう言って私は探し続けた。









































あなた『気をつけてね』


奥の方に行くと道がガタガタになっていて落ちやすい。

































すると









































女子『…』

あなた『…きゃあっ!』



後ろから押された気がして私は落ちてしまった。