無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

💓
4,633
2020/09/08 12:14
恭平side


男子『でさぁ〜(笑)』

恭平『…うん』


仲良い友達と話していてもずっとあなたのことばかり。






























恭平『…遅い』


もうあれから結構経った。

でもあなたは帰ってこない。






























恭平『ちょっと悪い』

男子『…え、恭平ー?』


怖くなり、俺は走った。










































恭平『あなたっ!』


ドアを開けて外へ出ても、あなたの姿はない。
































恭平『…ちっ…どこだよ』


俺は焦り始め、色んなところを探した。

でもあなたはいなかった。








































『〜』


話し声が近くから聞こえてきた。





































そこに向かうと西畑、みっちー、謙杜がいた。