無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,525
2020/09/17

第113話

💓
あなた『…』


大吾『…ごめん…俺が悪かった…』



そう言って大吾は私の目を真っ直ぐ見た。







































大吾『彼女であるあなたを信じなくて…ほんま最低やな…』


そう言って力無く笑う大吾。






















































大吾『…彼氏失格やわ…』



































































大吾『…別れよっか…?』



そう言った大吾は涙目だった。



























































あなた『…嫌』


大吾『…ぇ?』




























































あなた『…勝手に別れようとか…許さないから』



そう言って私は大吾の頬を包み、キスをした。