無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

君の瞳には今日も
君の瞳には今日も何が見えるんや?



俺らの冷たい視線?



俺らからの偽りの愛?



…それとも





…絶望…?



前までは、とても輝いていて美しかった瞳も



今では、絶望して、闇に染っていた



そえしたのは



俺らのせいなんやな…



愛花のあの偽りの言葉に騙されて



あなたを傷つけないための行動



あなたをずっと愛しているからとった行動




…今更なんやけどな…
心琉
心琉
……俺らにもう一度だけチャンスをくれや…
その偽りの仮面を外して



またあの日みたいに



笑顔で



『愛してる』



って、言うから



あなたも俺らに



本当の偽りのない笑顔で前みたいに傍で



『私も愛してる…!』


って照れながら、言って欲しいんや



だから、明日のあの日には



しっかりと伝える







心琉
心琉
偽りの愛じゃなくて、本当の愛をあなたに永遠に捧げる…から…また…あの日みたいに笑おうや…?





あなたside



いつか来た時に






その時に言う




あなた
あなた
私に偽りの愛を捧げてくれてありがとう…
こんな私に



少しでも傍に居てくれて



偽りの愛を



愛されることがわからなかった私に教えてくれて



ありがとう…の気持ちを込めて…





最後の愛を君たちに捧げます




だからね…?………………













私は








今日も仮面を被って舞台で踊り、一日が終わった