無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

君の笑顔を 僕色に染って?
愛してた



愛してる



この2つの違いで



君が傷ついた



いや、俺らが君の心に気づいていれば



こんなことにならずに済んだの?



あいつの誘惑に負けなければ



半年前のあの暮らしが



続けられた…?
陸斗
陸斗
俺が早く帰って、ただいまって言えば、君は走ってきたのにさ…なんで…?
いつも悲しそうな顔して



辛そうな顔して



いつも



俺らの事で悩んでいて



親友に相談しているんでしょ?



でも、もう抱え込まないで



今度は俺らが



君に




笑顔を届けるから



愛を届けるからね…




だから






もう一度だけ言わせて
陸斗
陸斗
君の事を哀しませてごめん…今度こそ、愛しているって毎日言うから、もう一度やり直そうよ…
……


琉斗side



君色に染まりたい



君の心を僕の色に染めたい



そんな気持ちから始まった恋



周りとは違う恋で君は、戸惑ってたけども



僕らの愛は、周りよりもずっと深いものだった



なのに



それを僕らは



壊した



半年ぶりのこの気持ちをもう一度




君に伝えたい
琉斗
琉斗
君色に染まりたいから…もう一度だけあなたも僕らの色に染まってください…
これが叶わなかったら



無理にでも




染めさせます



抵抗してまでも



僕の愛が伝わるまで



アプローチする



君の心が



愛に染まるまで



本当の愛を込めて、愛します




絶対に




誓うから、あなたも




僕色に染まって…?