無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

# 7
救 命 の 最 終 日 ── 。
~朝のカンファレンスにて~
橘 啓 輔
橘 啓 輔
み ん な 、 緋 山 か ら お 知 ら せ が あ る 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
ち ょ っ と 事 情 が あ っ て 、 救 命 か ら 離 れ る こ と に な り ま し た 。 人 手 不 足 な の に ご め ん な さ い 。 み ん な 今 ま で あ り が う ご ざ い ま し た 。
橘 啓 輔
橘 啓 輔
と 、 い う 訳 だ 。
緋 山 は 今 日 い っ ぱ い な の で よ ろ し く 頼 む 。
s i d e 緋 山 美 帆 子 


横 田 泣 い て る し 。

み ん な 驚 く よ ね 、 そ り ゃ 。

白 石 は 余 計 し つ こ く な り そ う だ し 。

そ う だ と し て も 、 今 日 で お 別 れ だ し 、

気 が 軽 い わ 。
 ~ 医 局 に て ~

白 石 の デ ス ク に 白 い 勿 忘 草 の 花 を 置 く 。

ひ と つ の メ モ も 添 え て 。
泣 き な が ら 書 い た か ら

と こ ろ ど こ ろ 涙 で 滲 ん で る
思 い は し っ か り 伝 え た 。

よ し 、 帰 ろ う 。

そ の 瞬 間 ── 。

誰 か に 手 を 掴 ま れ た 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
し っ 、 白  石 ! ? ( 大 声
白 石 恵
白 石 恵
緋 山 先 生 、 声 が 大 き い 。
こ の 間 は ご め ん ね 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
う ん 、 あ た し こ そ 。
白 石 恵
白 石 恵
緋 山 先 生 が こ ん な 手 紙 書 く と か 珍 し い ね 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
う る さ い な ぁ 。
白 石 恵
白 石 恵
じ ゃ 、 私 ま だ 仕 事 残 っ て る か ら …
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
じ ゃ 、 家 帰 る わ 。
ば い ば ~ い
白 石 恵
白 石 恵
じ ゃ あ ね 。 ( ギ ュ ッ
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
な 、 何 よ 、 い き な り 。
白 石 恵
白 石 恵
だ っ て 、 今 日 が 最 後 で し ょ ?
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
そ う だ け ど …
一同
一同
緋 山 先 生 ~ ! !
緋 山 ~ ! !
美 帆 子 ! !
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
み ん な ! !
そ れ に 緒 方 さ ん ま で … (泣
白 石 恵
白 石 恵
何 泣 い て ん の 。 緋 山 先 生 っ て 意 外 と 涙 も ろ い よ ね ~
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
う る さ い な ぁ 。
フェロー
フェロー
緋 山 先 生 、 こ れ 受 け と っ て く だ さ い 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
 あ 、 あ り が と う う ぅ . . . 。
横峯あかり
横峯あかり
紫 苑 の 花 で す 。 花 言 葉 は 『 あ な た を 忘 れ な い 』 で す 。 私 達 も 緋 山 先 生 の こ と 忘 れ ま せ ん … ( 泣
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
み ん な 、 ほ ん と に あ り が と っ っ っ 。 。
み ん な で ヘ リ の 前 で 写 真 を 撮 っ た り 、 少 し 話 せ た り 、 最 高 の 1 日 に な っ た 。