無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

# 1 7
s i d e 橘 啓 輔


こ こ 最 近 、

緋 山 が い な く な っ て か ら 、

忙 し い 。


緋 山 は 元 気 に し て い る の だ ろ う か 。

そ ん な こ と ば か り 考 え て い る 。


そ う い え ば 、
緋 山 か ら 救 命 宛 に 手 紙 を く れ た 。

「 あ た し が い な く な っ て か ら 、 読 ん で く だ さ い 。」

と 、 俺 に 託 さ れ た 手 紙 だ 。

今 日 の カ ン フ ァ レ ン ス で 言 う か 。


~ カ ン フ ァ レ ン ス ~
橘 啓 輔
橘 啓 輔
そ れ じ ゃ あ 、 カ ン フ ァ レ ン ス を 始 め よ う 。
橘 啓 輔
橘 啓 輔
お ぉ ~ っ と 、 そ の 前 に み ん な に ひ と つ お 知 ら せ だ 。 な ん と 、 緋 山 か ら 手 紙 だ 。
白 石 恵
白 石 恵
 え … ! !
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
な ん だ よ 、 あ い つ …
橘 啓 輔
橘 啓 輔
救 命 の み ん な へ

み ん な が こ れ を 読 む 頃 に は
あ た し は 、 翔 北 に い な い ん だ ね 。
今 ま で あ り が と う 。
カ ッ コ い い 藍 沢 、 頼 り に な る 白 石 、お 調 子 者 の 藤 川 、し っ か り 者 の 冴 島 、 ス マ ホ が 好 き な 名 取 、明 る い 横 田 、慎 重 な 灰 谷 、プ ラ イ ド 高 い 雪 村 、救 命 の 親 の よ う な 橘 先 生 。
こ の メ ン バ ー で 最 高 の チ ー ムを 作 っ て い っ て ね 。
い つ か あ た し も 、
救 命 に 戻 れ る 日 を 夢 見 て ま す 。

緋 山 美 帆 子 よ り
橘 啓 輔
橘 啓 輔
実 は な 、 緋 山 病 気 な ん だ 。
記 憶 を 司 る 場 所 に 脳 腫 瘍 が で き た 。
一同
一同
 え . . . 
橘 啓 輔
橘 啓 輔
あ い つ 、 み ん な の こ と 応 援 し て た ん だ 。 
自 分 の こ と よ り 、 救 命 は ど う で す か ? っ て …
あ い つ ら し い け ど な
カ ン フ ァ レ ン ス 終 了 後 ── 。
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
な ぁ な ぁ 、 緋 山 が 脳 腫 瘍 と か 、 ほ ん と か よ 。
白 石 恵
白 石 恵
そ れ が 、 そ う だ っ た ん だ よ ね …
会 い に 行 っ た け ど 、 一 回 り 小 さ く な っ て た 。
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
そ 、 そ う か …
白 石 恵
白 石 恵
そ れ で ね 、 藤 川 先 生 の 結 婚 式 の 時 み た い に ビ デ オ メ ッ セ ー ジ や り た い ん だ よ ね ぇ 。
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
お ぉ 、 い い な ! そ れ !
白 石 恵
白 石 恵
 今 か ら と る よ ?
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
気 が 早 い な 。
白 石 恵
白 石 恵
い く よ 、 3 、 2 、 1 ( ビ デ オ 撮 る
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
ん と 、あ ぁ 、 緋 山 。
元 気 か ?
俺 は 相 変 わ ら ず
あ い つ に 怒 こ ら れ て る け ど
 冴 島 は る か
冴 島 は る か
余 計 な こ と 言 わ な い 。
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
 は 、 は い 。
っ て 、 い た の か よ 。
 藤 川 一 男
藤 川 一 男
聞 い た ぜ 、 緋 山 。 
記 憶 を 司 る 場 所 に 脳 腫 瘍 だ っ て な 。
大 変 だ ろ う け ど
こ こ に は 、 お 前 の 居 場 所 が あ る ん だ 。
だ か ら 、 も う 一 回 、
俺 た ち の こ と を 忘 れ て も 戻 っ て こ い よ 。
俺 は お 前 を 信 じ て る か ら な 。
白 石 恵
白 石 恵
は い っ 、 あ り が と 。
白 石 恵
白 石 恵
緋 山 先 生 喜 ぶ と い い な …