無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

# 2 1
あ の 日 か ら 白 石 は 病 室 に 来 て く れ な く な っ た 。

あなた も 仕 事 が 忙 し く て あ ま り 来 な い 。





寂 し い 。




あ の 時 、 思 い を 伝 え な か っ た ら 、
こ ん な こ と に は な っ て な か っ た 。





け ど 、 未 知 さ ん の
『 思 い は ち ゃ ん と 伝 え て ── 。 』



こ の 言 葉 が リ ン ク し た 。



思 い は 伝 え ら れ た か ら




後 悔 は し て な い 。




白 石 を 傷 つ け た こ と に は 、




す ご く 後 悔 し て る 。




 


そ の 頃 翔 北 で は ── 。
白 石 恵
白 石 恵
あ 、 横 峯 さ ん 、 こ れ 、 緋 山 先 生 の ビ デ オ メ ッ セ ー ジ 、 フ ェ ロ ー の み ん な と 撮 っ て く れ る ?
横峯あかり
横峯あかり
は い っ 、 わ か り ま し た ! ( ニ コ ッ
白 石 恵
白 石 恵
あ り が と ね 。
          ・

              
          ・


          ・
夜 ── 。
横峯あかり
横峯あかり
ね ぇ 、 ち ょ っ と 撮 ろ う よ ~
 雪 村 双 葉
雪 村 双 葉
私 は い い よ …
横峯あかり
横峯あかり
白 石 先 生 に 頼 ま れ た ん だ か ら …
 雪 村 双 葉
雪 村 双 葉
も う 、 し ょ う が な い な ぁ 。
 雪 村 双 葉
雪 村 双 葉
緋 山 先 生 、 大 変 だ と 思 い ま す が 、 頑 張 っ て く だ さ い 。
え ~ っ と 、 ん ~ と 、 ま た 戻 っ て 来 て く だ さ い 。 今 よ り も 成 長 し た 姿 を 見 せ ら れ る よ う に 頑 張 り ま す ! 緋 山 先 生 も 頑 張 っ て く だ さ い 。
横峯あかり
横峯あかり
じ ゃ あ 、 次 や る ね !
横峯あかり
横峯あかり
緋 山 先 生 、 お 元 気 で す か ?
私 は 横 田 で は な く 、 横 峯 で す 。笑
い つ か 、 こ こ に 戻 っ て 来 て く れ る 日 を 楽 し み に し て ま す 。
横峯あかり
横峯あかり
あ ! 名 取 先 生 と 灰 谷 先 生 だ !
 名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お う 。
横峯あかり
横峯あかり
緋 山 先 生 の ビ デ オ メ ッ セ ー ジ や る か ら し ゃ べ っ て ね !
 名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
緋 山 先 生 、 早 く 治 し て 、 周 産 期 行 っ て く だ さ い 。 行 き た い ん で し ょ ? 周 産 期 で 医 局 長 。
俺 も 救 命 で 頑 張 り ま す 。
 灰 谷 俊 平
灰 谷 俊 平
脳 腫 瘍 と い う 、大 変 な 病 気 で 、 場 所 も 悪 く … え ~ と 、 そ う じ ゃ な く て … 大 変 だ と 思 い ま す が 、 頑 張 っ て く だ さ い 。
み ん な 緋 山 先 生 の こ と を
心 配 し て い る の だ っ た ── 。