無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

# 4
s i d e 緋 山 美 帆 子


い つ も の 青 い ス ク ラ ブ を 着 て

あ た し は 思 う 。

こ の ス ク ラ ブ を 着 る の は も う あ と 、

指 で 数 え る 程 度 な の だ と 。

こ の 場 所 も こ の 仲 間 と も お 別 れ と 思 う と

な ん だ か 寂 し い

部 長 室 へ 入 る の も こ れ が 最 後 な の か も な …


コンコンコン──。

と 、 部 長 室 の ド ア を ノ ッ ク し た 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
緋 山 で す 。
橘 啓 輔
橘 啓 輔
橘 だ 。 入 っ て い い ぞ 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
橘 先 生 、 あ の … こ れ …( 辞 職 願 渡 す
橘 啓 輔
橘 啓 輔
緋 山 、 急 に ど う し た ?
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
ち ょ っ と 色 々 あ っ て …
今 日 の 夜 空 い て ま す か ?
話 し た い こ と が あ る ん で す 。
橘 啓 輔
橘 啓 輔
今 日 の 夜 か 、 空 い て る な …
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
夜 に 全 部 話 し ま す …
橘 啓 輔
橘 啓 輔
あ ぁ 、 わ か っ た 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
じ ゃ あ 、 失 礼 し ま す 。( 部 長 室 出 る
ま ず い 、 白 石 に 部 長 室 い た と こ 見 ら れ た。
こ っ ち 来 て る し 、 逃 げ よ 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
… ( 走 る
白 石 恵
白 石 恵
 ね ぇ 、 緋 山 先 生 ! ! ( 走 る
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
 な ん な の 、 こ っ ち は こ っ ち で 忙 し い の ! !
白 石 恵
白 石 恵
だ か ら 、 私 に 隠 し て る こ と あ る で し ょ ?
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
な い か ら ! ! も う 、 つ い て こ な い で ! !
白 石 恵
白 石 恵
は ぁ 、あ た し ひ ど い こ と 言 っ ち ゃ っ た 。

あ た し は い つ も 言 い 過 ぎ る 。

考 え る 前 に 口 や 体 が 動 い て る。

そ の く せ 肝 心 な と き に は 素 直 に な れ な い。

け ど 、 そ ん な あ た し が 好 き だ と

緒 方 さ ん は い っ て く れ た 。

と っ て も 嬉 し か っ た 。

そ れ な の に 、あ た し は 素 直 に な れ な か っ た な 。

白 石 と 喧 嘩 し た ま ん ま で 死 ぬ の は や だ 。

『 仲 直 り し た い 。』

い つ も よ り 少 し 素 直 に な れ た 気 が す る 。