無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

# 2 0
夜 ── 。

ど し ゃ 降 り で 雷 も 酷 い 。
ガ ラ ガ ラ ガ ラ ── 。
白 石 恵
白 石 恵
緋 山 先 生 ~ ( ギ ュ ッ
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
嬉 し い け ど 、 あ ん た さ 、 ど し ゃ 降 り だ よ ?
天 気 の こ と 少 し は 考 え な さ い よ 。
白 石 恵
白 石 恵
い い の 、 い い の 、 天 気 な ん て 。
緋 山 先 生 に 会 い た か っ た か ら 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
電 車 運 航 見 合 せ だ っ て ね 。
そ れ で も い い の ?
白 石 恵
白 石 恵
 え ! ?
白 石 恵
白 石 恵
ま ぁ 、 こ こ 泊 ま れ る し 、 い っ か !
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
明 日 仕 事 は ?
白 石 恵
白 石 恵
な い か ら 、 緋 山 先 生 と 一 緒 に い る ん だ 。
s i d e 緋 山 美 帆 子

あ た し は 白 石 に は 打 ち 明 け た い こ と が あ っ た 。

勇 気 を 出 し て 打 ち 明 け よ う と 決 意 し た 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
あ の ね 、 や っ ぱ り 手 術 し な い こ と に な っ た ん だ 。
嘘 を つ い ち ゃ っ た 。

ホ ン ト は 受 け た く な い っ て 言 い た か っ た …
白 石 恵
白 石 恵
え ! ?
今 更 な に 言 っ て る の ! ?
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
言 っ た と こ ろ で あ ん た に あ た し の 気 持 ち が わ か る わ け な い じ ゃ ん 。
白 石 恵
白 石 恵
わ か る よ 、 緋 山 先 生 の 気 持 ち …
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
同 情 と か い ら な い か ら 。
わ か ら な い の に わ か っ て る ふ り や め て よ ね 。
記 憶 が 忘 れ る 怖 さ 、 あ ん た に は わ か ん な い よ 。
よ か っ た ね 、 病 気 に な っ た の が あ た し で 。
白 石 恵
白 石 恵
よ か っ た な ん て 一 度 も 思 っ た こ と な い よ …
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
嘘 つ け ! !
白 石 恵
白 石 恵
と に か く 、 手 術 は 受 け な き ゃ ダ メ な の !
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
う る さ い ! ! !
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
あ ん た が 患 者 に な っ た ら 、 あ た し の 気 持 ち が よ く わ か る よ 。
記 憶 が な く な る 怖 さ 、 今 生 き て る 安 心 感 、 暇 で し ょ う が な い 時 の 寂 し さ 、 医 者 と 患 者 の 考 え の 違 い 、 病 気 の 進 行 の 速 さ 、 そ ん な こ と 考 え た こ と あ る の ?
白 石 恵
白 石 恵
そ れ は … な い け ど …
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
そ れ が 病 人 に し か わ か ら な い 思 い な の !
わ か ら な い の に わ か っ て る か の よ う に 言 わ な い で よ !
白 石 恵
白 石 恵
け ど 、 そ れ と 、 手 術 を 受 け る か は 違 う 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
同 じ !
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
医 者 は と に か く 押 し 付 け が ま し い の 。
命 、 命 、 命 。 っ て 。
特 に 白 石 な ん か は 。
だ か ら 、 医 者 は 患 者 の こ と わ
か っ て る ふ り し て 、 わ か っ て な い 。
そ こ が 、 嫌 。
白 石 恵
白 石 恵
け ど 、 受 け な い と 、 ど う な る か わ か っ て る ?
死 ぬ ん だ よ 、 緋 山 先 生 だ っ て 全 然 わ か っ て な い 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
普 通 、 医 者 は 命 優 先 。
そ れ が 典 型 的 な 医 者 の 考 え 。
け ど 、 命 が 全 て じ ゃ な い 。
あ た し が よ か っ た と 思 え る 人 生 だ っ た ら そ れ で い い 。
あ ん た に は 関 係 な い の 。
だ か ら 、 あ ん た は あ た し の こ と わ か っ て な い 。
白 石 恵
白 石 恵
命 が あ れ ば 記 憶 が 戻 ら な く て も 、 掴 み と れ る も の が あ る ん だ よ 。 
手 術 し な い と か 命 を 無 駄 に し て る 。
だ か ら 、 緋 山 先 生 だ っ て 全 く わ か っ て な い 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
あ た し だ っ て 一 応 医 者 な ん だ か ら 、 そ の 気 持 ち は わ か る 。 け ど 、今 は 違 う 。
命 、 命 、 命 。 と 言 っ て た 自 分 が 馬 鹿 馬 鹿 し く も 思 え た 。
白 石 恵
白 石 恵
そ う 思 う か ら 患 者 と 近 す ぎ る っ て 言 わ れ る ん だ よ 。 実 際 に 医 療 訴 訟 に だ っ て な っ た 。
緋 山 美 帆 子
緋 山 美 帆 子
そ ん な 昔 と 今 は 違 う の !
も う 、 あ ん た と 話 し た と こ ろ で 解 決 し な い 。
帰 っ て よ 。
白 石 恵
白 石 恵
 … ( 去 る
s i d e 緋 山 美 帆 子


あ た し の 言 い た い こ と は 全 て 言 え た つ も り 。

け ど 、 白 石 を 傷 つ け た 。

あ た し は 、 ぶ っ き ら ぼ う な 言 い 方 し か で き な い 。

だ か ら 、 昔 か ら あなた と 喧 嘩 を す る と 、 あなた を 泣 か し て あ た し が 怒 ら れ た 。

そ れ が 唯 一 の コ ン プ レ ッ ク ス 。

不 器 用 な 女 だ ね 。

も う 病 院 に 白 石 は 来 て く れ な い の か も ね 。
s i d e 白 石 恵

結 局 電 車 は 運 転 見 合 せ で 、 帰 れ な か っ た 。

近 く に あ っ た ホ テ ル に 泊 ま っ た 。

大 分 言 い 過 ぎ ち ゃ っ た な ぁ …

確 か に 緋 山 先 生 が 言 っ て い る こ と は 正 し い の か も し れ な い 。

手 術 を 受 け な い の は ど う か と 思 う け ど …

明 日 謝 り に い き た い け ど

緋 山 先 生 は

『 来 な い で ! ! ! 』

っ て 言 う か も な 。

面 会 制 限 を か け る か も し れ な い し 。

せ っ か く 緋 山 先 生 の た め に も ら っ た
休 み な の に 休 み を 無 駄 に し た 感 じ が す る 。

な ん で 、 喧 嘩 に な っ た ん だ ろ う …

私は、
『 た だ 緋 山 先 生 に は 生 き て い て 欲 し か っ た 。 』

そ れ だ け な の に …