無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

# 1 0
s i d e 白 石 恵 


緋 山 先 生 が い な い 夜 ── 。

な ん か 物 足 り な い 。

き ち ん と 片 付 け ら れ て い て

何 か 落 ち 着 か な い 。

と こ ろ ど こ ろ で 涙 が 床 に 落 ち て い る

き っ と つ ら か っ た ん だ ろ う な …

緋 山 先 生 が く れ た 勿 忘 草 の 花 の こ と を よ く 考 え る

花 言 葉 は 『 私 を 忘 れ な い で 』

忘 れ る 訳 な い じ ゃ ん っ て

ツ ッ コ ミ た く な る け ど 。
寂 し い 。

緋 山 先 生 か ら 一 方 的 に し か

か け ら れ な い と か ず る い よ 。

緋 山 先 生 に 会 い た い 。


私 は 緋 山 先 生 が 好 き だ 。

い や 、 大 好 き だ っ た ん だ 。

こ の 恋 に 気 づ い て し ま っ た 。

気 づ い た こ の 思 い は も う 遅 い の ── ?