無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

# 8
白石宅──。

今 日 家 を 出 る こ と に な っ て い る 。

あ た し は こ こ の 大 家 さ ん に 手 紙 を 書 い た。



白石へ

急 に や め ち ゃ っ て ご め ん 。
み ん な び っ く り し た よ ね …
も う 、 白 石 に 会 え な く な る
か も っ て 思 う と 、な ん か 寂 し い ね 。
ま 、 気 楽 に は な れ た ん だ け ど ね 。
そ う い え ば 通 話 の 料 金 定 額 に な る よ う に し た ん だ 。
電 話 番 号 変 え た か ら あ た し か ら し か
か け ら れ な い け ど ね 。
い っ と く け ど 、 ほ ん と に 寂 し く な ら な い 限 り 電 話 し な い か ら 。
ど ん な に 離 れ て て も
『あんたは、私の親友だから。』

        緋山美帆子より

久 し ぶ り に 片 付 け も し た 。

片 付 け 中 も た く さ ん 泣 い て

床 は び し ょ び し ょ に な っ て い た 。
も う 、 た く さ ん 滲 ん で る 。

今 で も 十 分 寂 し い … 。