無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

恒例。
私たちの恒例、それが階段下でハグしあうこと。
バラす前の2週間は、バレたらダメだから、ここで発散。
普通の陽でも、私には、
陽
つーかーれーた…
春
陽…おつかれ。
陽
春…。大好きだよ。
春
私もだよ。
そう言ってハグしあうのが、最近の日常。
今日は言ってみたんだ。
春
愛してる。
陽
っ…////それは、俺の方が、愛してるから。
そう言って今日はいつもよりも長い間ハグをしていた。
不思議なことに、誰にもバレないんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ハート
ハート
Fischer’s love(きぬたみ)です。中級者です。よろしくお願いします。温かく見守ってください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る