無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,145
2018/12/15

第4話

仕事場
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
ヌナ!おはようございます!
you
you
あ、後輩くんおはよ〜
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
はい!
この子は私の後輩のグク

私は何となく後輩くんって呼んでる





にしても腰痛てぇ
you
you
||||(_ _。)||||
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
ヌナ?どうしました?
you
you
んー?ちょっとね
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
大丈夫ですか?
you
you
うん。大丈夫だよ
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
そうですか…
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
あ!!!
なんや急に大声出すからビックリしたじゃん
you
you
どした
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
ヌナちょっと来てください!
you
you
なんでよ
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
いいですから!
you
you
ハイハイ
私はグクについて行った



それがいけなかったのかな?



だってついたの誰も使ってない部屋だったんだもん
後輩くん(グク)
後輩くん(グク)
ヌナ?入ってください!
そんな可愛く言われたらね
you
you
あーうん
こういうしかないよね








やっぱりそれがいけなかったみたい