無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

77
2021/05/28

第13話

苦悩
山田二郎
山田二郎
……
山田三郎
山田三郎
どうしたんだよ、低脳
山田二郎
山田二郎
いや、あなたに告白された。
山田三郎
山田三郎
は?
山田三郎
山田三郎
ま、低脳には意味がさっぱり分かんないんだろうね~!
山田二郎
山田二郎
三郎、お前日本語おかしくね?
山田三郎
山田三郎
いいんだよ、別に。
山田三郎
山田三郎
じゃ、僕勉強してくるから。


ばたん。
山田三郎
山田三郎
はぁ、
山田三郎
山田三郎
どうして…
(なまえ)
あなた
~~!
山田三郎
山田三郎
うん?
山田三郎
山田三郎
あなたさんの部屋からだ
(なまえ)
あなた
でね、本当は…~~なんだけど…
山田三郎
山田三郎
はぁ…
(なまえ)
あなた
じゃあね!
山田三郎
山田三郎
あなたさん…
(なまえ)
あなた
ん?っ…/////
山田三郎
山田三郎
目、逸らさないで。
(なまえ)
あなた
はむっ…/////んむっ…/////
山田三郎
山田三郎
っ…/////はぁっ…/////
(なまえ)
あなた
いき…出来ないっ…/////
山田三郎
山田三郎
っ…

ベッドに押し倒される。
山田三郎
山田三郎
そろそろ僕を男としてみてください。
(なまえ)
あなた
/////
山田三郎
山田三郎
ま、今はしませんけど。
山田三郎
山田三郎
でも、1つ
山田三郎
山田三郎
どうして…っ…じろうのほうにっ…行くんですか…
僕の目から涙が零れ落ちる。
(なまえ)
あなた
山田三郎
山田三郎
僕は必ずあなたを振り向かせるから、待っていて下さい。