プリ小説

第2話

学校のこと
 話す友達はいる。
だけど、たまにやっぱり自分は必要とされていないんだな。1人ぼっちなんだな。って思うときがある!

 どこにいても1人。

 中学の時からそう。部活でも、結局1人になって先輩からいじめられて。
高校入っても、クラスや部活どこにいても1人。話す友達はいたけどずっと一緒にいるわけでもない。必要なときに必要とされるだけ。
居ても居なくても変わらない。
だから、専門学校でも1人だなって思ってたらそうなった。

 1人はなれた。だけど、辛い。助けてほしいときに助けを求められない自分も嫌い。
言わないと、声に出さないと誰も気づかないのにね。


いろいろ考えすぎてストレスになって体調を崩す。いつもと同じ。何も変わらない。1回体調崩すと1ヶ月以上治らないしね。

もう、疲れたよ。。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ルナ
ルナ
情緒不安定になること多いです。 病んでます! 専門1年