無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,466
2018/09/24

第21話

死 ぬ か も 。
机があったのは

ちょうど手すりのない屋上の

角だった。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あ、あった!
あなた

ほんとだ…
でもちょっと危なくない?

岩橋玄樹
岩橋玄樹
大丈夫だよ、きっと。
机を取りに行こうとする玄樹。
湖波伽羅
湖波伽羅
ふふっ…
絶好のチャンス
気づいてなかったけど

後ろから危機が迫っていた。
玄樹が後ろを向いて

屋上の縁に立った瞬間
湖波伽羅
湖波伽羅
えいっ!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
うわっ!
伽羅が押して玄樹が落ちた。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
やべぇ、死ぬ。
とっさに私は

玄樹と数秒差で

飛び降りた。
あなた

岩橋くんッ!

手を掴んだ私は

玄樹の頭ら辺までよじ登り

玄樹の頭を抱えるようにして

私が犠牲になるように

落ちていった。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あなた!?
あなた

このままにしてて。
動かないでね。

そのまま下まで落ち…
ゴンッ…グキッ…ドサッ…
嫌な音がした。
湖波伽羅
湖波伽羅
あ、やらかしたかも。
ま、いっか。
なんとか起き上がれた玄樹だが
岩橋玄樹
岩橋玄樹
…ッ!……痛……
ハッ!あなたは!?
あなた

クッ…

あなたは苦しそうにしていた。
その音に

また6人の王子達が気づき

駆けつけた。