無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,420
2018/09/26

第22話

ま た 助 け ら れ る 。
また6人の王子達がかけつけた。
永瀬廉
永瀬廉
おい、あなた!?
大丈夫かよ!?
平野紫耀
平野紫耀
え、何が起きてるの。
岸優太
岸優太
いや、俺もわからん
神宮寺優太
神宮寺優太
何があったのか説明して?
玄樹。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あぁ、でも、
落ちるときしか覚えてないなぁ…
一瞬の事過ぎて…
高橋海人
高橋海人
それよりさ、あなたちゃん
やばくない?
あなた

いや、私は大丈夫……ッ!!………
いった…

私は

頭と背中が痛くて

起き上がれなかった。
永瀬廉
永瀬廉
おい、大丈夫かよ。
廉くんがお姫様抱っこしてくれたけど、
あなた

痛いっ!

永瀬廉
永瀬廉
あ、ごめんな
背骨が折れてるのかわからないけど

とてつもなく痛かった。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
とりあえず、救急車だな。
6人の王子
6人の王子
おう。
そして、数分後、

私達の学校に1台の

救急車がやってきた。