無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

に。
マサイ
固かったな…
シルクロード
シルクロード
何が?
マサイ
いや、さっきぶつかった女の子、居たじゃん?めっちゃ体固くて、鍛えてんのかな笑
シルクロード
シルクロード
何、俺の仲間か?!
マサイ
さあな
シルクロード
シルクロード
あ、俺らクラス離れてるじゃねえか
マサイ
俺c組で、シルクがd組か。
ダホとモトキはa組
シルクロード
シルクロード
ンダホとモトキずるいわ〜
マサイ
それな笑
ま、後で教室行くよ
シルクロード
シルクロード
おぅ、後でな!
_____________
窓際の後ろから2番目。





風が、気持ちいい_
シルクロード
シルクロード
お、お前が桜木あなた?おれシルク!!






.
あなた

あ、はい…席、隣ですね、シルクさん

シルクロード
シルクロード
あ、君.朝の!!!
あなた

え?

あなた

あ!!!あの、イケメンと一緒にいた!!!

シルクロード
シルクロード
イケメンってマサイの事かよ笑笑
そ、そいつと一緒にいたのが俺、シルクな
あなた

シルク…君!よろしく!!













.
シルクロード
シルクロード
おっ、おぅ!!
ちゃんと……



クラスメイトと話せた…!!!!!



これで高校デビュー失敗とかいう漫画みたいな展開にはならないだろう
マサイ
マサイ
シルクー?
あなた

…!!!

がたがたがたっ
今朝の、……人、まさいさん、が教室のドアにいた
マサイ
マサイ
あ、貴方、今朝の子だね?!
あの時はごめんな!、
あなた

い…いえ!!!大丈夫です!!!!
こっちこそ…すいません!!!!さよなら!!!

だっ





なんなんだ…!!!





立て続けにイケメンに話しかけられる…!!





いや、朝あの事があったからだけど…!!!











私の胸は、どくどくと大きく波打っいた