無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

好きって言われたい!
あなた

ということです!

センラ
ほ、ほぉ?、うらたさんに好きっていってもらいたいから、協力して、と?
そう。私の彼氏のうらたさんが全然好きって言ってくれない。なんど言わせようと思ったことか。
さかた
そんなん、ねぇ?センラうらさんに言わせようってのが無理
あなた

うん

センラ
はぁ
さかた
センラゴニョゴニョ
センラ
んなことしたら殺されますよ?!
さかた
そんときはそんとき。あなたのためにやろ
さかたんの、作戦は私がうらたさんに電話をして、さかせんが好きだよーという、、死んだな
あなた

はぁ、もしもし?

うらたぬき
もしもしー?
あなた

あの、、わっ!

さかた
あなたすきやで?僕にしてよ
センラ
あなた、、好き。俺にしとき?
うらたぬき
いまどこ?
あなた

せんらさんとこ

プツン
センラ
ねぇしんだ
あなた

私も腰が死ぬパターンや

バンッ
うらたぬき
あなた!
あなた

うらたさん?!

うらたぬき
坂田、センラ、ニコォ
あっ、(察し)
帰り道
うらたぬき
その、今坂田からメールあって、その、俺もちゃんとあなたのことすきだし、愛してる
あなた

私もッ!

うらたぬき
素直に言いなよ?
あなた

えへへ