無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

嫉妬2
うらたん視点です!
んー、あなたがどっか行った
うらたぬき
どこ行ったんだよぉ、、
いや、俺もスマホずっといじってたのもあったけどね?
うらたぬき
あーもう!
いや、だって、もう七時だよ?夜だよ?
ピリロリン
みると、さかたとあなたが遊んでる写真がまーしぃから送られてきた
うらたぬき
は?
志麻
あなたちゃんとさかたが◎◎におるんやけど、、
うらたぬき
まじかよ。
まーしぃありがとう
志麻
いえいえ
あなた、、
とーちゃく!
さかた
そろそろ来るんやない?まーしぃにもきょうりょくしてもらったし
うらたぬき
あなた!
さかた
ほら。来た来た
あなた

ふっ、、

うらたぬき
さぁぁかぁぁぁたぁぁぁあ??
さかた
え、いや違うんやて!あなたがうらさんがずっとスマホいじってるからって、、
うらたぬき
あっ、あなた!ごめん!
あなた

んー、じゃあね!ギューして!

うらたぬき
ん。家でな。
さかた
あっ、つんでれ
うらたぬき
はいはい。さかたもありがとな
あなた

ばいばーい!さかたん!また遊ぼうね!

さかた
あ、うらさん
うらたぬき
ん?
さかた
二度とあなたにあんな思いさせんなよ
うらたぬき
っ、わぁってるよ!