無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

そうだ。酔わせて本音を吐かせよう! 3
のーside
あなた

お邪魔しまーす

うらたぬき
あ!いらっしゃ、、、ど、どうしたの?その痣、、
あなた

まあ、ちょっとね

うらたぬき
ふーん、、(まあ、酔わせてから。じっくりきいていこう)
うらたぬき
ん。飲む?
あなた

、、うん

あなた

んふふ~、、

うらたぬき
最近なんかあった?
あなた

なんかね、あのね、おしごとぜんぶおしつけられりゅの。

うらたぬき
そっか。他は?
あなた

あのね、なんか、後処理?みたいなのもぜんぶおしつけられるの

うらたぬき
じゃあ、その痣は?
あなた

えっと、、その、、

うらたぬき
いいよ。怒らないから。言ってみて?
あなた

えっと、、自分でいっぱいなぐったりしたの。

うらたぬき
殴ったりした?
あなた

はんまーとかでも、、

うらたぬき
っ、、、
い、痛いところある?
あなた

ないよ。

うらたぬき
(まじかよ。)
うらたぬき
いいや。手当てしよっか。
あなた

うらちゃぁ、、ごめんなさい、、わぁぁぁん

うらたぬき
ううん。大丈夫大丈夫。あなた頑張ったね。
その後仲良くねましたとさ!