無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

説明+嫉妬
作者
こんにちは!

この小説は作者がこたぬきだからと言う理由で作られました!

ほんとは短編集(俺短編集いっぱいある)にあげてもよかったんですが、バランスが崩壊するためこっちにうらたんの短編集作りました!

リクエストとかあれば受け付けますし、こっちはヤってるとこはのっけません!
どうしてもならば他の短編集に書きます!
でも微Rです!

BLもやりません!

ほのぼの、けんか、いじめとか、まあ、やりますね。

リクエストあればうらたんだけじゃなくてうしさせの短編集にかえるかもです!

では!どうぞ!





はじまり!
あなた

ねーねー!うらたん!

うらたぬき
んー?
さっきから私の彼氏さんスマホばっかです。もうあなたさんおこりましたからね?
あなた

あっ、私、買うものあるの!ちょっと待っててね!家でゆっくりしてて!

うらたぬき
え、あ、おう
買い物?いくわけないじゃん。

さかたんの家にいくんだよ。
ピンポーン!
さかた
え?
あなた

さかたんやっほ?

さかた
えぇ、うらさんは?
あなた

え、スマホばっか見てたから

さかた
なるほど
あなた

だから一泡ふかせたいと言うか

さかた
なるほどねぇ?
あなた

だから!暗くなってもおうちに帰らない!

さかた
え、危ないよ?
あなた

大丈夫!うらたんが迎えに来なかったらさかたんに送ってもらうから!

さかた
え、お、おう