無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ぺとら


どーもあなたですっ















あのさふーがさ















ぺっとしょっぷらぶもーしょん略してぺとらね















ぴょん見つめかえしてよぴょん寂しがりやなぼくに















ぎゅっとしてほしいぴょんぴょん















ってうたってるじゃん















すごいよねうんあのふーがが おいdy大西風雅















かわいーとおもったすこしだけ















それでねまえね















あのin大阪でうたってたじゃん!















ばっくすてーじ















『とあ~ふーがさこれうたうってなんかすごいよね』















斗亜「まぁツンデレやからね」















『まぁね』















うたいおわったあと←















ばっくすてーじ















『ふーが~』















風雅「なに」















『あなたがぎゅってしてあげる!』















風雅「なにいっとるん」















『だってぺとらで…』















風雅「いそがしいんで遠慮しておきます」















『じゃあたくにいってくる~!』















風雅「はぁ…(((ギュッ」















『わぁぉ…』















風雅「これでいいやろ」















『//つぎはあなたからねっ』















風雅「もういいし」















つぎはあなたからします!











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

himari
himari
お~ぷん↓ 私だけの王子さま   おおにしふ~がクン 同担サンばいばいっ ふぉろわ~サンすきっ りむらないでください、、
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る