無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

なにわ男子の楽屋


あ鈴の木のしたに誰かおる鈴木あなたです







え~鈴木です




あなたです











Lilかんさいのがーるだよ





なんか朝なんですけどめんばーまだきてない









となりの楽屋がさわがしい




そうとなりの楽屋は!!!!!!







なにわ男子~





うちの推しは~きょーちゃんかな



幼なじみなんだ~














まぁむかいましょか








コンコンッ🚪











和也「は~いどうぞ~」










『しつれいしま~す』






『くるのはやいですね』









駿佑「まぁきょうは雑誌の撮影やから」





『そーですね』





恭平「そーいえばあなたたちも来るやろ?」








『うんっきょーちゃんたちと撮影できてうれしい!』







和也「おれは?」






『和也くんですかうれしいです(棒)』

















和也「みんな!きいた?うれしいやって」













丈一郎「おい大橋棒読みだったのにうれしいか?」





『藤原くんうるさいです』










コンコンッ🚪






斗亜「しつれーしまーす!」




斗亜「あなたいますか?」







丈一郎「つれて帰ってくれやww」





『なんでですか~いいじゃないですか』




斗亜「あなたいこーよ」





『…わかった』









恭平「あなたまたな」





『ばいばいっ』








楽屋🚪





『あれとあだけ?』




斗亜「うん!あなたといっしょにいたかったから…」






『えへっとあかわい~』







斗亜「あなたもかわい~」





『なんかとあまじでかわいーね』










ガチャ



風雅「うわっなにいちゃいちゃしとん」




『あっふーがもあなたとしたいんでしょ?』






風雅「…べつに」



『じゃあいちゃいちゃしてあげない』







風雅「なんで」




『さあ』






風雅「(斗亜を睨む)」



斗亜「なにっ?」

















以外としっとしやすいふーがくん














とかわいそーなとあちゃんとすこしいじわるなあなたちゃんでした


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

himari
himari
お~ぷん↓ 私だけの王子さま   おおにしふ~がクン 同担サンばいばいっ ふぉろわ~サンすきっ りむらないでください、、
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る