無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あなた東京へ行くぱーといち


あ鈴の木のしたに誰かおる鈴木あなたです




東京にめっさいきたいあなたです!








誰か連れてこ~


こた寝とる

るーく勉強

とあ勉強

にしたくん勉強

ふーがは…







いないし


とあといこ~





『とあ~』




斗亜「ん?」



『とーきょーいこ』









斗亜「また今度いこーね!」



とあごめん今なんだ






もーふーがでいいや


『とあ!ふーがは?』







斗亜「ふーがは…飲み物買いにいったよ」


『とあありがと~』






ふーがどこだよ


『ふーが~』


風雅「なんだよ」



『っわびっくりした』




風雅「もっとかわい驚きかたしろよ」



『ふーがのかわいは理想がたかすぎて無理です~』





風雅「(((するー)それでなに」



『とーきょーいこ』




風雅「なんで」







『とーきょーのじゅにあ会ったことない』



風雅「いって誰に会うんだよ」


『びしょうねん』








風雅「うきしょおる」


『はいはいじぇっつは?』




風雅「いがりくん」





『まぁまぁいこーよ』


『みんなに断られたの』←とあちゃんにしか聞いてない
















風雅「いってやる」



『うざ』





風雅「もういかねーし」


『ねぇーやだ』



『いきたい~』




風雅「うるさいこころうか」





『ふーががいってくれるまでいうもん』


風雅「行くから静かにしろ」





『やったーとーきょーだーわーい』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Himari
Himari
おーぷん↓ 私だけの王子さま   おおにしふーがクン 同担サンばいばいっ ふぉろわーサンすきっ りむらないでください、、
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る