無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

504
2018/06/08

第4話

転校
あなたside
あなた

なーに昔のこと思い出してんだろ。また会えるわけないのにさ、

私はあの出来事のあと、両親を事故で亡くし、親戚に引き取られた。

その時に引っ越したため、もうみんなとは何年も会っていない。

名前も出てきそうで出てこない。

あの時の約束はどうなったんだろうか。

やっぱり私が勝手に妄想しているだけなのだろうか。

あの人はどう思っているのだろう。
私はクラスでちょっと浮いている。

本当はみんなとワイワイしたいが、両親を亡くしてからそういうことが出来なくなった、。

だから友達もいない。

家にいる親戚も、そこまで親切にしてもらってる訳でもなく、家が見つかったら一人暮らしをしようと思っている。
あなた

あーあ、転校、しよっかな、

家に帰ったら言ってみよう。
あなた

あの、おばさん、私、転校したいです

おばさん
いいよ
あなた

え、ほんと?

おばさん
うん。
こんなにあっさりOKが貰えるとは思ってなかった。
おばさん
ここからだと虹色学園はどう?
あなた

うん、そこにする。

おばさん
じゃあ、転校できるように手続きしとくね。
あなた

ありがとう、よろしく。

虹色学園か、、

調べてみると、ゆちゅば?が多いらしい。

ゆちゅばってなんだろ
「ゆちゅば」と調べてみる。

「もしかしてYouTuber」

あ、これかもしれない。

へえ〜、ゆちゅばって、ゆちゅぶに動画を投稿してる人なのか!

あなた

ここで高校デビュー、頑張ってみようかな。

もう両親のことは引きずらない!切り替え切り替え!
あなた

とりあえずゆちゅぶ見てみよ。

アプリをダウンロードする。

開いて最初に出てきた動画を見てみる。「Fischer's」っていう人達。

いや、ミートパンツって何!笑

動画を見終わって思った。こんなに笑ったの久しぶりだな〜

なんか、Fischer'sさんは懐かしい感じがする。どこかで会ったことあったっけ、、