無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

三者面談
永瀬廉side
中学の担任
中学の担任
えっと、実はですね。廉くんに推薦の話が来ておりまして
お母さん
お母さん
推薦、、、ですか?
中学の担任
中学の担任
はい。私立美瑛琉学園をご存知でしょうか?
お父さん
お父さん
は、はい!結構な進学校だと聞いたのですが
中学の担任
中学の担任
そーなんです。合格ラインが五教科合計450以上の学校なんですが、、、
お母さん
お母さん
どうして廉が?この子とてもじゃないけどそんな学校から推薦が貰えるなんておかしくないですか?
中学の担任
中学の担任
私も、お話を聞いた時ビックリしました。廉くんには悪いけど、どうしてかは、、、
お父さん
お父さん
うちの家系は代々名門に通ってるんです。もちろん廉の姉でもある長女も、結構なとこに行ってます
お父さん
お父さん
でも、廉はなんぼ頑張ってもダメなんです。
永瀬廉
永瀬廉
父さん!
お父さん
お父さん
廉を甘やかして育てたから、、、でも、行けるならお願いします。
お母さん
お母さん
ちょっとお父さん!
お父さん
お父さん
廉は高校に行けるかどうかとも思っていたので、どうしても、行かせてやりたいんです!
中学の担任
中学の担任
お父さん。気持ちは分かります。でも、決めるのは息子さんですから
お母さん
お母さん
そーですよね?廉はどうしたい?
永瀬廉
永瀬廉
、、、何科?
中学の担任
中学の担任
え?
永瀬廉
永瀬廉
俺の推薦。何科なの?
中学の担任
中学の担任
それが、特別科と言ってな、今年出来たばかりだそうだ
永瀬廉
永瀬廉
特別科?何するとこ?
中学の担任
中学の担任
普通に、、、勉強?
永瀬廉
永瀬廉
よく分かんない







なんで俺があの有名で、日本で1番の進学校とも言われている学園から推薦?!
永瀬廉
永瀬廉
なんか、おかしくない?
中学の担任
中学の担任
とにかく、受けてみたらどうだ?面接と、一教科だけテストが出るだけだそうだ
永瀬廉
永瀬廉
、、、
中学の担任
中学の担任
もし受からなくても、ほかの学校を受験するには時期が被らないし
永瀬廉
永瀬廉
、、、分かった。受けてみる
お母さん
お母さん
そう!頑張ってね!
お父さん
お父さん
先生。どうかよろしくお願いします
中学の担任
中学の担任
では、そういうことで返事させてもらいます











この三者面談から4ヶ月後、あの学園の門をくぐることになる