無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

847
2019/05/01

第18話

16💭
自分
自分
本当に昔の友人で、従兄弟の友人でもあるんです。皆さんが考えてるような関係じゃ…
自分でも何を言ってるのか分からないほど

早口だった

多分ちゃんと話せたはず…
^@^
へぇ…
だってさ、コメントで騒いでるリスナー達 分かった?
私が話してる間も

Twitterの通知は止まらなかった


頭がズキズキする

だるい

気持ちが悪い


ただただ辛かった
^@^
俺は納得したから良いよ、ありがとうねSkype出てくれて
坂田も頑張れよー
坂田
坂田
どこ目線だよ…

Skypeを切った後一気に脱力感があった

あの時も5人でいた

なんで坂田さんに限定されて

噂を流されたのか

不思議で堪らなかった
あぁ…

私がファン以外の立場から関わったせいで

活動に支障を与えてしまった

謝ってすむものじゃない

でも、謝らなきゃ…


本当は今は何もしたくなくて

声も聞きたくなかった

気力を振り絞って電話をかけた


プルルルルル…プルルルルル…
坂田
坂田
もしもし…?
自分
自分
あ…あのっ…本当にご迷惑を掛けてしまい申し訳御座いませんでした…
私は震える声を必死に抑えながら

謝った
自分
自分
私が…私の不注意で…その…っ…
目の前がぐるぐるしている

一瞬なんで謝ってるんだろう

そう思った

私が持っている病気が

だんだん悪化してるんじゃないか

なんの病気か自分自身で分からないから

とても怖い
坂田
坂田
大丈夫…あなたちゃんのせいじゃない、落ち着いて 俺は大丈夫 深呼吸して

どうして私が悪いのに

こんなにも優しくされるんだろう

私より辛いはずなのに
自分
自分
ごめんなさ…ぃ…
自然と涙が溢れて止まらなくなった


-----------------------------


正直その後は全くといっていいほど

覚えていない

恐らく私は倒れて

病院に運ばれた

目が覚めた時には既に病院だった
自分
自分
いたっ…
体を起こそうとしたけれど

頭痛が激しく襲った


パタ、パタ、パタ、パタ…


静かに誰かが近付いてくる

閉まっていたカーテンを開けるなり
看護師
あ!…分かりますか?お名前、言えますか?
自分
自分
あなた…です…
看護師
言えますね…(紙に何かを記入し)今先生呼んできますのでこのままでお待ちください


カーテンでよく分からなかったけれど今は

お昼…?

…うらくんに会いたい…お母さんに…
先生
はーい、あなたさん?目が覚めましたね
担当の斉藤と申します 脈みますね
自分
自分
はい…
言われるままに腕を出した

青アザがあった

自分には全くみにおぼえのない…
先生
病院に来る前の記憶はありますか?
自分
自分
友人と電話で話してて…気付いたらここに
先生
そのご友人様が病院に貴方のことを知らせてくれました 記憶なしっと…
看護師
今お母様方お呼びしますね
斉藤先生と看護師さんは2人で病室を出ていった

お母さん来てくれたんだ…

周りに迷惑しかかけてない…

ガラッ、タッタッタッタッ
母
あなた…!
こんなに焦っているお母さんを見たのは

初めてかも知れない

うらたぬき
うらたぬき
…大丈夫か?
私の手を握るお母さんの後ろから

ゆっくりと顔を出した

私は静かに頷いた
母
ごめんね、ちゃんと貴方に病気のことを話さなかったばっかりに…


少し落ち着いてから

お母さん、うらくんがベットの横に

いる中でその反対側に斉藤先生がきて

病気の事を1から丁寧に教えてくれた
先生
貴方には心因性記憶障害(しんいんせいきおくしょうがい)があります これはストレスなどによって不快な体験や出来事、特定の人物を思い出せなくなるそのような病気です
日常生活において支障は来さないのでお母様からの御要望で今まで説明しておりませんでした…
自分
自分
心因性記憶障害…
先生
今回倒れてしまったのも過度なストレスが原因だと思われます
ふと2人の方を見ると

申し訳なさそうに俯いていた
自分
自分
お母さん、うらくん…




-----------------------------



こんれいわ()


訳わかんない展開にしてごめんなさい🙏

ちゃんと完結させますので…‪w


フォロー&♡お願いします✨