無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

954
2019/03/16

第15話

13💭
土曜日


今週は張り切って

仕事を頑張った

先輩からも同僚からも

とうとうおかしくなった

という目で見られたけど…


私はハッとして頭を振った


一般人の坂田さんと会うんだ

浦島坂田船の坂田さんを意識してはならぬ…


時間ははっきり指定されていなかったけど

午後から、とだけ言われていたので

軽く昼食を済ませ

ナチュラルメイクをし、

洋服を
自分
自分
スカートかズボンか…あ、ツインテールでもしてこうかな…


ピコンッ

鏡の前で髪の毛を両手で持ち上げ

似合うか見ていると
わたる
わたる
ちなみに言っとくけど
わたる
わたる
変にオシャレしてきたら着替え直させるからな

ぎくっ

鋭い
持っていた髪を下ろし

そのまま前に流した

下はスカートに厚底
上は…
自分
自分
パーカーだったら怒られないかな…
1番お気に入りの服を着た


そろそろ来るかな
ピーンポーン
あ、来た


ガチャ


あ、自分から入ってくるのね
うらたぬき
うらたぬき
行ける?
自分
自分
う、うん
自分
自分
なに、その格好
マスクにメガネに黒っぽい服装
うらたぬき
うらたぬき
…寝坊したんだよ
察し

珍しい、寝坊するなんて
戸締りをしっかりし、

うらくんの車に乗り込んだ

相変わらず綺麗にしてある

どこで会うのかも分からないし、

どんな話聞かれるかも分からない
うらたぬき
うらたぬき
なんで厚底なの…おれ余計チビになるじゃん
信号で止まるなり助手席に座っていた私を見て

そう言った
なんとなく?

と言うと

身長ほしいと

ぼそっと呟いた


到着

地下の駐車場に止めるなり

スマホを取り出し誰かに連絡をし始めた

多分さか…坂田さんに
コンコン…

助手席側の戸をノックする音が

ぱっと外を見ると

志麻さんが手を振っていた
うらたぬき
うらたぬき
お、まーしーの方が早かった
自分
自分
え?まーしー?え?なんで志麻さん!?
うらたぬき
うらたぬき
坂田もくるし、センラも来るよ
しばらく口を開けたまま呆然としていた

開いた口が塞がらないとはこの事
うらくんが助手席側の窓を開けた
志麻
志麻
こんにちは、坂田は?まだ?
自分
自分
こん、にちは…
うらたぬき
うらたぬき
分かんないけど、先行ってよ
場所は教えてあるから
志麻
志麻
おう


まってほんと意味わかんない

そろそろ寿命かも

ちょっと前

お母さんの用事でおばさんのとこに行くと4人が

いたって言うこともあったけど

その時は靴があって

丁度廊下に出てきたセンラさんと

おばさんに呼ばれて出てきたうらくんに会った

なんで集まってたかは不明

お店に入って5分くらい

個室で静かで

隠れ家みたいなお店

キョロキョロしていると
うらたぬき
うらたぬき
もしかして、こうゆう店初めてなの?
軽く頷くと
志麻
志麻
うらたさんが連れてきてあげないからー
センラ
センラ
センラならいくらでも連れていきますよ
いきなりの登場に驚いてうらくんのほうに

すごい勢いで近付いた
センラ
センラ
こんにちはぁせんらですぅ
志麻
志麻
知ってるわ
坂田
坂田
ごめん、ごめん、遅れた
次々の大物の登場に頭を抱えた


尊い

うらたぬき
うらたぬき
お、揃った揃った
坂田
坂田
こんにちは
自分
自分
こ、こんにちは…
うらたぬき
うらたぬき
もう1回釘刺しとくけど、俺含め、こいつら全員今日は「一般人」だからな?
自分
自分
は、はいぃ
いつもより何だか怖かった

分かってるよ…そのぐらい

でも、まともに話したことも無くて

私はうらくんの従兄弟で

浦島坂田船crewで

坂田家で…

とにかくこの今の状況が幸せなの…
センラ
センラ
うらたん、そんな釘刺さなくてもいいやないですか
可愛そうですよ
うらたぬき
うらたぬき
まあ、いい…よ、
本題はあなたの事


と、話を進めた
坂田
坂田
あー、そっか俺が話すってことやったんやっけ?
すると3人が深く頷いた
坂田
坂田
分かった、あなたちゃんと遊んだ事とか話したらいいかな

すっと私の向かいに座り直した

真剣そのものだった

私のために…



私は坂田さんが話してくれるのを

静かに聞いた