無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,132
2019/01/06

第7話

6(過去)🗯
あれからというものさかたくんは時々悲しい顔を見せるようになった

流石に俺がお父さんに聞きに行くわけにも行かないし…



さかたくんと帰り道で別れたあと
自分
自分
やっぱりいっぱい遊ぶのが一番だよ!明日お休みだし!
うらたぬき
うらたぬき
うん、3人で遊ぼうか 誘いに行くのは明日でも大丈夫だよね
自分
自分
普通そうじゃないの?




あー、やっぱり考え方が違うのか

そうか


笑顔が一番似合うのに悲しい顔をされては

俺らも悲しくなる


──


次の日




今日は土曜日

少しだけ早起きをしてあなたの家に向かった

ちゃんと起きてるとは思えないけど


ピンポーン…

ダッダッダッダッダッダッ…

階段を駆け下りる音…?

ガチャ
自分
自分
おはよう!行こ!
うらたぬき
うらたぬき
お、おはよう…起きてたのか…
自分
自分
何言ってんの!こんな大切な任務があるというのに寝坊するなんてあり得ないでしょ!

任務って…

どの口が言ってんだ

学校の時も起きてくれ



早起きしたのは計画練りながら向かうため



何して遊ぶとかなんの話ししてあげる?とか

きっと笑わしてあげれる

元気づけることができる


俺らは謎の自信があった




家に到着…

さて、どちらがチャイムを押すk((ピンポーン
うらたぬき
うらたぬき
ちょっと!?早くないか!?(小声)


大丈夫大丈夫とニコニコしていた

少しすると

足音が近づいてきた



ガラガラ
坂田父
はーい?…っと?あきらの友達で合ってるかな?
うらたぬき
うらたぬき
は、はい!初めまして…!うらた わたるって言います!
自分
自分
あなたです!あきらくんいますか?
坂田父
おー、ちょっと待ってろー!


そのまま奥の部屋へと呼びに行った

するとバタバタとあきらくんが出てきた
さかた
さかた
ど、どうしたん!?


僕はあきらくんに説明した

傷をえぐらないように

遠回しに

かつわかりやすく
さかた
さかた
うん、ええよ遊ぼ!今準備してくる!



ニコニコしながら

自分の部屋に戻っていった



──


投稿遅くなってごめんなさい💦

そして、あけましておめでとうございます(遅い)

今回はちょっと短めです

じつは受験を控えているのでしばらく投稿できません

待っててくれると嬉しいです…!

ではまた見てください!