無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,649
2018/12/17

第2話

1💭
〜♪ 〜♪

目覚ましが鳴る

只今午前6時
自分
自分
んん…
手を伸ばして止める

今日は土曜日で仕事は休み

普段はアパレルショップで働いている

いつもなら8時に起きてもギリギリ間に合う








だが、今日はのんびりしてはいられない

今日はうらくんの 浦島坂田船のライブ

物販に並ぶために早く起きて準備をする







ピコピコ♪

誰からだろうとスマホを見る
麻衣♔絶対王政
麻衣♔絶対王政
あなた〜起きたー?
(自分)♡坂田家
(自分)♡坂田家
( ̄ー ̄)bグッ!
早起きが苦手な私を心配してラインをしてくれた

この子は舞(まい)

こっちの名前は麻って言う字使いたいらしいからこれだけど…





ちなみに、見ての通り舞は志麻リス

私は坂田家…寄りの箱推し…かな、

いや推しが決まってないとかじゃなくてそう言わないとうらくんが…っていう…



いいえ!坂田家です!!
っじゃなくてえーと、


舞は高校からの仲で

とにかく運がいい

チケットは高確率で当てるし、整番もまあまあだし。


しかも物凄く優しい

たまに口悪いけど…


ピコピコ♪
麻衣♔絶対王政
麻衣♔絶対王政
絶対にモバイルバッテリーとポケットWi-Fi忘れないでよ
あ、あと髪ちゃんと教えたやつやってきてね?絶対可愛いから
麻衣♔絶対王政
麻衣♔絶対王政
それと!法被、ちゃんと着てくるんだよ
そこまで忘れっぽくないし…

画面に表示される舞からのラインを見つつメイクをした





この髪型…ムズい…

今流行ってるのかは分からないけど

なんか三つ編みにリボンを組ませる…みたいな?

舞が何度も教えてくれたけど不器用な私には難しすぎる‼
…














………


















…………………………



出来た!
自分
自分
我ながら上出来では!?
せっせと準備を終えた私は

待ち合わせ場所へと向かった