無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

65
2021/09/02

第20話

引越し
引越しの話書いてなかったんで書きます!
今引越し!?って思うかもしれませんが仕事に慣れてきたから引越ししよう!って感じでお願いします←


メンバーに手伝わせます←


















あなたside








引越しだ〜!





これから全部1人でしなきゃいけないの!?

めんどー!!←


















お母さん「あなた〜これも捨てるのー?」




『うーん捨てていーや!』




お母さん「じゃあ捨てるね」















お父さん「あなた〜お父さんのこれ持ってく?」








『え、豚の貯金箱?←』









お父さん「可愛いだろーこれ」







『めっちゃ可愛い!持ってく!←え』












敬太「マジで!?その歳で?‪w‪w‪w」



お父さん「いいじゃないかね〜?」



『だよね!お父さんありがと!』









お母さん「あなた〜今日メンバーさんは?」




『あ、みんなね手伝ってくれるって〜!』





お父さん「さすがSixTONES」



『なんか違うけどいっか←』








敬太「ねぇちゃんの部屋俺使おー」




『ダメだよ!』




敬太「なんで?1人暮らしするんじゃ?」


『そーだけど…』



敬太「もしかして帰ってこよーと?」



『そりゃ帰るけど…』




敬太「そのまままたここに住むとか言い出すんじゃない?‪w」



『(´;ω;`)ウッ…』








敬太「てことで母さん俺ここの部屋も使う」




お母さん「いいわよ〜」







『お母さーん(T_T)』











ピーンポーン















『「あ、」』













「引越しの○カイでーす」
















『やばい!早くしなきゃ』

















『とにかく出てくる!』












ガチャ










『はーい!』


































『え?』


































田中「こんにちは〜」











『え、なんで』











北斗「なんでって手伝いに来たんだよ」











ジェシー「お邪魔しまーす」







『「お邪魔しまーす」』

























『え、いやちょっと待ってよ』









京本「あ、お母さんお父さんこんにちは」







お父さん「あ、京本くん!こんにちは」



お母さん「こんにちは〜よろしくお願いします」










『え、挨拶…』






















慎太郎「あ、敬太君?」











敬太「そーだけど」






慎太郎「よろしくな!」







敬太「あ、うんよろしく!」









『え、初対面だよね、?』















髙地「あなた〜これ何ー?」





『いや、お宝探しみたいにするやめれる?←』














ジェシー「何これ可愛い!AHAHAHAHAHAH」







『あ、豚』










お父さん「可愛いよな!あなたにあげたんだよ」











『ミンナ初対面ダヨネ?←』













北斗「あなたも手伝えよ」









『立場逆←』
































ピーンポーン














『え、今度は誰』


















「引越しの○カイでーす」



























ガチャ




















『本物だ』




























○カイ「…はい?」











『あ、…あ〜!!こんにちは〜←』








○カイ「あ、どーも」








『お願いしまーす』







○カイ「早速運びますね」






『はい!よろしくお願いします』














メンバー「‪w‪w‪w‪w」






『なんだよ!』







北斗「ホントアホだな‪w」





『いや元は言ってあんたたちが悪いんだからね!?』









敬太「ねぇちゃん声でかいうるさい」




『…ごめん』







田中「言われてやんの‪w‪w」









『(ꐦ˘•ω•˘ )』







髙地「まぁまぁ早く運ぶぞ」







『敬太さっさと運べ』


敬太「は?俺?」








田中「ねぇちゃん怖いねぇ?」


敬太「ただのゴリラだよ」






『は?』








大我「あなた〜これどーする?」





『敬太たち知らないからね!』






『あ、それ運んで〜!』






大我「は〜い」









北斗「やったな」





田中「…」



敬太「大丈夫すぐ許してくれる」







北斗「ねぇちゃんなめてんな‪w‪w‪w‪w」



敬太「まぁね←」









慎太郎「強‪w‪w‪w」


















ごめんなさい
変なところで切ります