無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

200
2021/07/08

第5話

自己紹介


樹「じゃー自己紹介する?」










慎太郎「そーだね」




『あ、私からいいですか?』



樹「お、いいよ」






『えーと…』





大我「ファイトww」






『あ!思い出した!』



『こんにちは〜』
『鈴木あなたです!』
『血液型はo型』
『2000年、7月26日生まれです!』
『ちなみにマネージャーになるまではニートでした😂✨』








樹「ん?ww詳しいことまでありがとうww」




『あ、じゃーお願いします!』





樹「あ、俺田中樹です!」

慎太郎「森本慎太郎でーす!」

ジェシー「ジェシーのSixTONESです!逆にね!」



『…。』



ジェシー「…。」



北斗「あー俺いっていい?」

『(。_。`)コク』


北斗「ww松村北斗です」



大我「あっ、京本大我でーす!よろしくね」




髙地「俺は髙地優吾です!」








『あ、ありがとうございました☺』






樹「さっきのジェシーのときの反応忘れらんね〜
ww」


ジェシー「ww」





『あ、なんですか?さっきの』


樹「ジェシーのネタなんだよww次からはわざとでいいから笑ってあげでww」


『りょーかいですww』






樹「あ、あと怖いマネいるから気をつけて」



『(あ、さっきの人かな)』


樹「後輩いじめるらしいから」



『Σ(OωO )ビクッ!?』

樹「今はマネージャーやめたけどね」

『え、何してるんですか?』


髙地「今は振り付け師やってるよ」

『(´・∀・`)ヘーソウナンダ』


樹「ダンス下手だけどねww」

大我「しかも変なダンスばっかりなんだよ!?💢」


『(^_^;)…ァハハハ…ハハ…ハ…』



大我「だからその人の振り付け踊るのやめたもん!」



『(;´∀`)…ァハハハ…ハハ…ハ…』


『その〜いつも、、来るんですか?』



樹「なんで?」


『エット、ソノー、、、ナンデッテ、ソレハ』


樹「なんなのその喋り方ww」

北斗「来て欲しくないわけ?ww」


『ダッテ、(怒られたとか言えるわけない!!)』


樹「もしかして初っ端から嫌がらせされた?←」

『(。゚ω゚) ビクッ!いえいえそんなわけないじゃないですかー( ˊᵕˋ ;)💦』



北斗「…」

慎太郎「…」

樹「…」

ジェシー「…」

大我「…」

髙地「…」

『え?…』













『あのー』



ジェシー「そーいえばタメでよくねー?」


慎太郎「だな!」



樹「あなたちゃんこれから敬語使ったら自分の秘密を言うってことにしよ!」




『え〜!!嫌ですよ!』




樹「はいアウト〜ww」



『あ、まだスタートしてません!』



北斗「じゃー今からスタートね」



『今日は顔合わせだけだから帰るね』



北斗「おーセーフ」



『そんなすぐに秘密いいたくないもん!』




北斗「(´・∀・`)ヘー(棒)ww」



『じゃ、帰るから!』














(_ >д<)_バンッ












「『帰った…』」






大我「隠してることありそう」












一旦切ります!